赤ちゃんは天使ですよ

わたしはこの10月の1周目に第一子を出産いたしました。無事元気な女の子でした。産まれる前から楽しみにしていましたが、生まれてからは怒涛の毎日を過ごしていて、要約、夜泣きが落ち着きだし、わたしも精神的に余裕がでてきはじめました。しかし、母乳を飲む仕草や寝ている姿、顔を見つめる仕草はたまらなく可愛くて天使みたいです。我が子が一番かわいいと思える理由が産んでからはっきりわかりました。親ばかとはこういうことなのかと。最近はよく、まぐまぐと口を動かすことができるようになり、これをするとお腹がすいた合図らしく母乳を求めてきます。赤ちゃんなりのサインを自分で考えてだしているんだなと関心しました。おむつを替えて欲しいときはいまでも大泣きしています。よっぽど気持ちが悪くて不快感がすごいんだとおもいます。

産まれたばかりの赤ちゃんなのに、こんな風にいろんなサインをだせていろいろと教えてくれるってなんかすごい神秘的ですごいなぁと毎日つくづくおもうようになりました。我が子のためにも、これからも子育てがんばります。

赤ちゃんは天使ですよ

赤ちゃんの便秘。かわいそう

離乳食を始めるちょっと前くらいから、赤ちゃんが便秘をし始めたんです。

本人は3日くらい出なくても、機嫌が悪くなることもなく至って普通なのですが、やっぱり私が心配になってしまい…

病院に駆け込みました。

すぐに浣腸してもらってスッキリ!

スッキリしたのは私の気分だけなんでしょうか?赤ちゃんは大泣きでした。

薬を毎日飲むのはイヤでしょ?浣腸たくさんしたって癖になんかならないよ。という先生だったので、浣腸する薬をたくさんもらって帰りました。

でも、なるべく自然に出て欲しいので、のの字のお腹のマッサージをしたり、グラニュー糖を少し混ぜた白湯を飲ませたりしました。

それでも出ないときは…浣腸です。

たくさん泣くのでかわいそうなのですが。

あなたの母乳が悪いんじゃないの?なんて心無いことを言われたりもしましたが…

浣腸で出してあげたらいいんですよ?って軽く言う小児科の先生についていたので、深く考えずにすみました。

知り合いの助産師さんにも、母乳が便秘の原因なわけないよ。と言われたし。

結局、2歳ぐらいまで便秘が続いてかわいそうでしたが、今となっては出なくて困る!なんてことはなくなりました。

ちゃんとご飯を食べるようになったからかなぁ?

赤ちゃんのときは全く食べなかったので。

便秘は大人も子供もつらいですよね。

ちゃんと食べるもの食べて、出す物出さないといけないってことですよね。

赤ちゃんの便秘。かわいそう

給食の試食会に行ってきました

上の息子の未就園児の会で、給食の試食会がありました。

事前に申し込みをして行きました。

短大の付属幼稚園で、短大と幼稚園は場所が少し離れているのですが、短大の食堂で試食会がありました。

いつも、幼稚園の給食は短大の食堂で作られているそうです。

うちは、こどもがご飯を食べきれるか心配だったので、一食頼み、こどもが残したら私も食べようと思っていました。

メニューは、こどもが好きそうなメニューで、エビフライ、ポテトサラダ、キャベツの浅漬け、かやくご飯、スイカでした。

とてもおいしそうでした。

うちの子は真っ先にエビフライにかぶりつきましたよ。

かやくご飯もおいしそうに食べていました。

「おいしい!」と言いながら食べていたので私も嬉しかったです。

園長先生の話があって、給食にはこだわっているようでした。

もしここの幼稚園にこどもを入れたら、こんなバランスが取れていておいしい給食が食べられるんだなと思いました。

「温かいものを温かく、冷たいものは冷たく提供できるように」と言う言葉が印象に残っています。

五目ご飯を少しもらって食べましたが、おいしかったです。

我が家でもウォーターサーバーの美味しいお水を使って五目ご飯を作ってみようかな。

こどもも大満足だったようですよ。

給食の試食会に行ってきました