長男が寝返りをうった日の感動

もうずいぶん前の話なのですが、長男が誕生しすくすくと育っていた頃です。私の仕事は土曜日は早く帰れました。妻は育児休暇で家にいました。男の子でしたが長男には赤いものを着せることが多かったのです。

私は黄色の布団の上に横たわって、にこにこしながら横になっている長男のそばに横になって長男を眺めていました。すると長男は体を何遍もそらして、いつもと違う動きをし始めました。私も妻も初めての子どもだったので、何をしているのかなと見ていました。妻が言いました。寝返りしようとしているのではないかと。思わず私と妻は応援しました。頑張れがんばれと。長男はついに生まれて初めての寝返りをうったのです。私と妻は抱き上げて、交互に長男を抱きしめました。私たち夫婦は感動したのです。長男は私たちの胸に抱かれてはじけるような笑顔を見せてくれました。色白な長男は今でも色白です。もう26歳です。親バカですがなかなかハンサムです。あっという間の26年でした。親もそうですが、長男も七転び八起きの時を過ごしました。人生それが当たり前だと思います。紆余曲折ありましたが、後悔はありません。子供と心合わせていることができているのは幸せなことだと思います。

長男が寝返りをうった日の感動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です